田鶴子 逝去

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

生きているということは

生きているということは

 誰かに借りを作ること

  生きてゆくということは

   その借りを返してゆくこと 

            永六輔氏の言葉



永六輔さん死去 83歳(放送作家・作詞家) 2016.07.07

自主練習

リコーダー部33回生の練習
2月10日 神明病院にて演奏会(ボランティア活動)。リコーダー部としてなにかやってくれとの要望があり急遽練習日を取った。
曲目
☆北国の春
☆花嫁
この曲なら最近練習した曲だし・・・ということで決定。

3月のリコーダークラブのミニミニコンサートに向けての練習もある。

この街で

2000年に松山市が「21世紀に残したい言葉」を全国から募集しました。その中で
「恋し、結婚し、母になったこの街で、おばあちゃんになりたい!」が松山市長賞を受賞しました。5年後、松山市のある会合でその言葉に感動した新井満さんと三宮麻由子さんは即興で作詞、作曲し、その場で歌を披露しました。それが「この街で」でした。その場の観衆の中には、その歌詞に歌に感激し、涙する姿も見られたそうです。

Wi-Max の通信速度

 Wi-Maxは通信量が累計で7Gbを越すと通信速度が極端に低下する(約1/10になる)ので気をつけよう。
月初めにはリセットされるが、それまではガマンを強いられる。
 Google ドライブ等の無料のクラウドストレージも大量の画像を保存しようとすると結構通信量増える。5Gbの写真を送信したが通信時間が約1時間、今月の通信量累計はもうすでに5.6Gbと・・・。あと7Gbまではわずか。
クラウドのストレージも通信料がかかることを注意しよう。
 経験で得たことは大量の画像の送受信は月末にすることだ。たとえその時点で7Gbを越しても数日ガマンすればいいことだし今回のように月初めに通信量の枠を使い果たしてしまうと後が大変だ。
しかし、Wi-Max も通信量を管理して上手に使えば最低料金でまかなえることがわかった。

WiMax の速度が戻った。

2015/09/01

8月は半月を待たずに通信量が7Gを越してしまった。
途端、速度が0.13Mbpsに落ちてしまった。
この速度ではメールはなんとか、動画は無理。
プラウザ画面もなかなか開かない。
9月1日やっと速度が回復した。現在、12.2Mbps。
これからは通信量を管理しておかないと月末に苦労する。

フルーティストのコンサート

2015-08-20(水)
☆真夏のコンサート    (朝霧病院・多目的ホールにて)
無料にしては聴きごたえのあるコンサートでした。

矢野正浩(フルート)アンサンブル神戸・主宰 PROFILE
野原 当(フルート)朝霧病院・院長 PROFILE
窪谷日奈子(バイオリン)朝霧病院・眼科医長 PROFILE
河合恵美(ピアノ)ショパニスト関西
藤原利枝(ピアノ)

1)タイスの瞑想曲
2)歌の翼による幻想曲
3)愛の挨拶
4)花のワルツ
5)アンダンテとロンド
6)グランドポロネーズ

instagam を導入したが・・・


instagamにUPした写真。
いまいち使い方がよくわからない。
1)PC等の写真をUPする方法。
2)UPした写真を削除する方法。

セロトニンとは

セロトニンとは

以下、HPより抜粋。

セロトニンが不足したときの症状は?

冒頭でも説明している通り、セロトニンはノルアドレナリンやドーパミンの暴走を抑え、心のバランスを整える作用のある伝達物質です。 セロトニンが不足すると、様々な症状が現れます。
(以下は症状の例です。症状は人により異なります。)

・疲れやすい ・ぼーっとする ・やる気が起きない ・集中力がない ・怒りっぽくなる
・イライラする ・キレっぽい・落ち込みやすい ・すぐくよくよする ・食べ過ぎる/食欲がない(過食/拒食)
・感情的になりやすい ・寝付きが悪い/眠れない(不眠) ・睡眠ホルモン「メラトニン」の減少
・偏頭痛がでる ・欲求不満 ・日中眠い・姿勢が悪くなる ・緊張しやすい ・ストレスが溜まりやすい
・様々な依存症(買い物、ギャンブル、アルコールなど)になりやすい 
・うつ病 ・統合失調症 ・パニック障害 ・その他、様々な身体・精神的な症状

セロトニンの不足は、身体・精神の両面に様々な影響を及ぼします。
逆に、セロトニンが満ち足りていれば、心のバランスを整え、心の安らぎを与えてくれます。
強いストレスを受けたり、うつっぽく感じるなどしたときはセロトニンが不足しているかも知れません。

なぜセロトニンが不足するのか

多くの現代人がセロトニンの不足に直面していると言われています。
昨今大きく取り上げられている、うつ病患者数の増加や、自殺者数の増加、キレる未成年の増加、さらには新型うつ病などはセロトニンの不足との関わりが指摘されています。
人間の精神の安定に必要不可欠なセロトニンはなぜ不足してしまうのでしょうか?

セロトニン研究の第一人者である有田秀穂医学博士(東邦大学名誉教授、セロトニン道場代表)は、

昨今、大人から子供まで、セロトニン神経の減弱している方が多数見受けられます。
現代特有のライフスタイルにセロトニン不足の原因があるのではないかというのが私の見解です。
過度なコンピュータ操作、テレビやゲーム漬けの毎日、運動不足、昼夜逆転の生活リズムなどの不規則な生活…。
本来、規則正しい生活リズムで、軽い運動や日光浴などで、自然と活性化されるはずのセロトニン神経も、これでは衰える一方です。

と、 セロトニン不足の原因を現代社会のライフスタイルである分析されており、現代人の誰しもがセロトニン不足になる可能性があると警鐘を鳴らしています。

特に、加齢による身体機能の衰えから高齢者はセロトニン不足になりやすい言われています。

セロトニン神経の活動には、日光が大きく影響します。
昨今、子供達の遊びは屋内型の傾向にあります。
連日にわたり長時間ゲームをやり続けるという習慣等は、セロトニン神経が弱体化しやすくなります。

現代人は、知らず知らずのうちに慢性的なセロトニン不足に陥り、気が滅入ってうつっぽくなってしまったり、ココロのバランスが崩れてキレやすくなってしまったりするのです。

不足したセロトニンを増やすにはどうすればよいでしょうか?
セロトニンを増やすための方法は、『規則的な生活』『太陽光』『リズム運動』『適切な食事』などがあります。
管理人室
目次
最新記事