認知症と向き合うために

認知症と上手に付き合うコツ 4大原則

1、常に「笑顔」で接すること

笑顔になれば、嬉しい、楽しい気分になり、言葉は理解できなくても、情動でコミュニケーションが取れる。

2、絶対に怒らないこと

笑顔と同様、怒りの情動も伝わるため、認知症の老人は、自分に悪意を向けている「敵」だとみなす。

3、絶対に急かさないこと

強制されたり拘束されたりすると同じで、不快な気分になる

4、絶対に理屈で説明しないこと

論理的な思考ができなくなった認知症の老人に理屈で説明すると、混乱や不安を引き起こす。


大井 玄(おおい げん)氏  医学博士 
対談「認知症と向き合うために」より抜粋

コメントの投稿

非公開コメント

管理人室
目次
最新記事