肩身の狭い老難聴。

老難聴が年々進んでいる気がする。都合の悪いときは聞こえぬ振り、いわゆる勝手ツンボ。しかし、テレビなどは普通の音量では聞こえない反面、自分でもうるさいなと思い音量を絞るときがある。本当に勝手だなと自分で苦笑いする。
テレビのヘッドホーン端子。これにヘッドホーンをつなぐと本体の音は消えてヘッドホーンだけに音がでる・・・とばかり思っていた。最近になって気がついた。本体とヘッドホーンは別々に音量設定できることを・・・。難聴のお年寄りのおられる方、おうちのテレビを難聴用に設定をしてあげてください。
「おじいちゃんTVの音が大きすぎる」・・・って言う前に。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人室
目次
最新記事