あわや交通事故に・・・

ヒヤリハット!

先日、交通事故になりそうなことがあった。
車の運転をしていた。
そんなに広くない道である。
信号は青である。
右前方のバス停にバスが止まっている。
そのバスを追い越そうと車が中央車線に出てきた。
私の方は直進だがその車に注目していた。
その時、
「ハッ!!」とした。
左側に人を感じたのである。
すれ違いざまにバックミラーを見た。
高齢の人がキャリーバックを左手に転がしながら右手を高く上げている。
バスの方に手を上げて横断歩道を斜めに渡っているのである。
「おいおい、今そちらの信号は赤だよ・・・・」
その人がバスに注目して私の車には一瞬気が付かなかったようだ。
その人にとっては信号が赤だとか青だとかは関係ない。
バスに乗ることだけに神経が行っている。
その人がバスに乗ったかどうかは知るよしもないが・・・・・。

ここで、私の車がその人を引っ掛けていたら・・・・と思うとぞっとする。
私は右前方の中央車線に出てきた車に注目している。
反対車線は「赤」である。
当然ながら左側には目が行かない。

これでも、前方不注意になるのだろうか?
高齢の身であっても命は大切にしてもらいたいものである。
------------------------------------------------
そこで、反省。なおいっそうの安全運転を・・・・
「右、よし!」
「左、よし!」
「前方よし!」
「右、再確認!」・・・・
「こらっ、キョロキョロすんなッ、はよ行け!」後ろから若い兄ちゃんにどやされた。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人室
目次
最新記事