ピアノ伴奏をパソコンで・・

 フルートは単音楽器なので演奏するときはピアノの伴奏やアンサンブルなどでやることが多い。
音楽シーケンサーソフトを使い楽譜をパソコンに打ち込むと、パソコンが演奏してくれる。(こんな感じ)
一音ごとに音符を打ち込むのは時間と根気がいる。しかしどんな音楽になるかわくわくする。プラモデルを組み立てるような感覚だろうか。

 都合がいいのは、テンポを自由に変えられる。最初はゆっくり曲を流し練習する。吹けるようになったら普通のテンポにする。他人に伴奏を頼むと、こうはいかない。
アンサンブルの場合、自分のパートだけ消してパソコンとアンサンブルをするのである。一人で練習する場合、伴奏パートなどは面白くない。パソコンでアンサンブルをの練習をやっておくと、皆でアンサンブルするときに大変役に立つ。

 ピアノ譜を打ち込んでパソコンとミニコンポをつないで演奏さすと結構いい音になる。人の前で演奏するときも結構使えます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人室
目次
最新記事