ウィルスソフト切り替え

2013.3.26

『ウィルスパスタークラウド』の有効期限が切れました、の表示が盛んにでるようになった。Netで知らべるとWindows Defenderが無料ソフトで出ていたのでダウンロードして『ウィルスパスタークラウド』の方を[無効に]設定した。

Windows DefenderはMicrosoft社が発行するスパイウェアのパターンファイルをインターネットを通じて定期的に入手し、ユーザがスパイウェアをダウンロードしようとするとリアルタイムにこれを検知して防止する。また、ハードディスクなどに保存されてしまったスパイウェアをスキャンし、ユーザに削除するかどうかを問い合わせる機能もある。スパイウェアの検出・削除に特化しているため、コンピュータウイルスなどに対応することはできない。

このパソコンには『ムービーメーカー』が入っていないので『Windows Essentals』をダウンロードした。  
管理人室
目次
最新記事