スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

糾える縄の如し

禍福は糾える縄の如し

【読み】 かふくはあざなえるなわのごとし
【意味】 禍福は糾える縄の如しとは、幸福と不幸は表裏一体で、かわるがわる来るものだということのたとえ。
スポンサーサイト

生きているということは

生きているということは

 誰かに借りを作ること

  生きてゆくということは

   その借りを返してゆくこと 

            永六輔氏の言葉



永六輔さん死去 83歳(放送作家・作詞家) 2016.07.07

この街で

2000年に松山市が「21世紀に残したい言葉」を全国から募集しました。その中で
「恋し、結婚し、母になったこの街で、おばあちゃんになりたい!」が松山市長賞を受賞しました。5年後、松山市のある会合でその言葉に感動した新井満さんと三宮麻由子さんは即興で作詞、作曲し、その場で歌を披露しました。それが「この街で」でした。その場の観衆の中には、その歌詞に歌に感激し、涙する姿も見られたそうです。

痴呆の予防に

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

結婚式で・祝婚の歌

     『 祝婚歌 』  吉野 弘

      二人が睦まじくいるためには
      愚かでいるほうがいい

      立派すぎないほうがいい

      立派すぎることは
      長持ちしないことだと気付いているほうがいい

      完璧をめざさないほうがいい

      完璧なんて不自然なことだと
      うそぶいているほうがいい

      二人のうちどちらかが
      ふざけているほうがいい

      ずっこけているほうがいい

      互いに非難することがあっても
      非難できる資格が自分にあったかどうか

      あとで
      疑わしくなるほうがいい

      正しいことを言うときは
      少しひかえめにするほうがいい

      正しいことを言うときは
      相手を傷つけやすいものだと
      気付いているほうがいい

      立派でありたいとか
      正しくありたいとかいう
     無理な緊張には

      色目を使わず
      ゆったり ゆたかに
      光を浴びているほうがいい

      健康で 風に吹かれながら
      生きていることのなつかしさに
      ふと 胸が熱くなる

      そんな日があってもいい

      そして
      なぜ胸が熱くなるのか

      黙っていても
      二人にはわかるのであってほしい

            『贈る歌』(吉野 弘著,花神社)より

自分の気づかない一面

自鍛のためのつもり違い十か条

  高いつもりで低いのが教養

  低いつもりで高いのが気位

  深いつもりで浅いのが知識

  浅いつもりで深いのが欲望

  厚いつもりで薄いのが人情

  薄いつもりで厚いのが面皮

  強いつもりで弱いのが根性

  弱いつもりで強いのが自我

  多いつもりで少ないのが分別

  少ないつもりで多いのが無駄

    宮野澄さんの著書
  『男四十歳、自鍛のすすめ』より

要らない心配をしない

心配には過去系と未来系の2種類がある

「すんだことにくよくよする心配」
「まだ起こっていないことにドキドキする心配」

現在は心配できない。だから、現在に全力投球すれば要らない心配は要らなくなります。
---------------------------------------------------
「谷川俊太郎質問箱」ほぼ日ブックスより
---------------------------------------------------
現在打ち込めるものを持ち、今を精一杯生きる生活を目指そう。
「さあ・・・・」と立ち上がる一歩が大切。
まずは行動、前進!そこには「心配」の入る要素はなくなるという・・・・。

気の利いた親切?

同じ親切でも「気の利いた親切?」がある。という・・

納得だが例としてあげれば?

一気呵成

出会いを生かすのも、一気呵成(いっきかせい)の勢いが必要だ。

《「呵」は息を吹きかける意》ひといきに文章を書き上げること。また、ひといきに仕事を成し遂げること。「脚本を―に書き上げる」

人生のスパイス

人生のスパイスにかえて「ストレスに克とう」

心のかべを破るもの

相手の「心のかべ」を破るものは何か

1、温かな人間性
2、誠実
3、開かれた対話
管理人室
目次
最新記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。