『発症予防医学』 南越谷健身会クリニック 周東寛(しゅうとうひろし)院長

がんになる要因には遺伝、ウイルス、発がん性物質などが挙げられます。発症を予防する『養生』はとても大切です。これを私は『発症予防医学』と称しました」

毎日やってほしいがんや脳梗塞にならないための10の習慣。

《1》朝食のパンにバターは塗るな

「バターは動物性脂質の代表格。動脈硬化の原因になるばかりでなく、肝臓でコレステロールを分解する際に生成される胆汁酸は、変性して大腸がんの一因になるといわれています」

《2》朝目覚めたら布団の中で手足をこする

「朝起きた瞬間の『交感神経』が十分に目覚めていない状態で急に起き上がると、心臓や血管に負担がががり、心臓疾患や脳梗塞の原因となります」

《3》朝いちばんのツバは飲むな、うがいしろ

「起床時の唾液には、バクテリアが繁殖。それが生成する炎症性物質や発がん性物質が体に吸収されると、血中に炎症性物質が増え、動脈硬化などを引き起こすことも。起きたらまずうがいが大原則です」

《4》毎朝お茶1杯を自分で入れて飲め

「手先の作業が眠っていた脳を覚醒させる。そのうえで好きな1杯をゆっくり飲むことで気持ちがリラックスし、ホルモン分泌もよくなる。そして体内のNK細胞を活性化させます」。NK細胞とは、体の中をパトロールして、がん細胞などを取り除く、体内の警備員のようなもの。「また適度な腸への刺激を与えることが便秘防止になり、大腸がん予防にも効果が」

《5》ため息をつくなら大きくつく

「ため息を大きくつくことは、体が自然に行うストレスから身を守る防御法。周囲を気にして小さくしても、効果はありません。トイレの個室などで大きくつくこと。うまくため息がつければ心と体がリセットされ、すっと胸が軽くなるはずです」

《6》同じところに座り続けてはいけない

「足腰の決まった1カ所だけが圧迫され、坐骨神経が萎縮。しびれ、転倒の原因にも」。しかも前かがみの姿勢で座り続けると、腹部圧迫から腸が炎症を起こし、悪化して大腸がんにつながる可能性も。

《7》肉料理は1食に2品以上食べるな

「運動不足の人には、長い目で見れば、がんや動脈硬化につながる中性脂肪やコレステロールを含む要警戒の食品です」

《8》トイレは我慢するな

「トイレを我慢すると血圧が上がる。急に血圧が上がることで自律神経のバランスが崩れます。人間の自律神経、ホルモン分泌、免疫系はつながっているので、NK細胞の働きが鈍り、免疫力も落ちてしまうのです」

《9》大声で怒鳴るな

「その大声が肺に負担をかけ、急性の肺高血圧症と呼ばれる症状を誘発します。心臓に持病がある人などは心臓発作で倒れる危険性もあります」

《10》就寝30分前に1杯の牛乳を

「これが食道や胃についた発がん物質を洗い流す、いわば内臓の『うがい薬』に。また牛乳が食道や胃をコーティングし、翌朝流れ込んでくる唾液から守ってくれるのです」

「このように、知らずに習慣化していることが体に悪影響、いずれはがんなどを引き起こす可能性があるんです」(周東先生)

海水浴

松江浜へ泳ぎに行ってきました。台風15号が近づいてるせいか風も少しあり波も少々高かった。他に泳いでいる人もなく海水浴ももう終わりですね。

認知症と向き合うために

認知症と上手に付き合うコツ 4大原則

1、常に「笑顔」で接すること

笑顔になれば、嬉しい、楽しい気分になり、言葉は理解できなくても、情動でコミュニケーションが取れる。

2、絶対に怒らないこと

笑顔と同様、怒りの情動も伝わるため、認知症の老人は、自分に悪意を向けている「敵」だとみなす。

3、絶対に急かさないこと

強制されたり拘束されたりすると同じで、不快な気分になる

4、絶対に理屈で説明しないこと

論理的な思考ができなくなった認知症の老人に理屈で説明すると、混乱や不安を引き起こす。


大井 玄(おおい げん)氏  医学博士 
対談「認知症と向き合うために」より抜粋

膝の痛みと運動

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

カスピ海ヨーグルトをさらに加工

カスピ海ヨーグルトの水分を切る。
濃厚でチーズを思わせる風味になる。
水分も栄養があるので利用すべし。
ヨーグルト

手作り マスカルポーネ。
カスピ海ヨーグルト  500g
生クリーム 低脂肪でないもの(生乳使用のもの) 300cc
さらに高級感のあるクリームチーズが出来るらしい。今度作ってみます。

健康に良い酢卵

効用と作り方こちら

2012年3月25日 今回で3度目の仕込み、冬場なので常温でおいておく。

2012年3月16日 先日から仕掛けておいた酢卵が出来上がった。今日から我が家でも飲用。
最初は飲みにくく続くかどうか半信半疑だったが今は慣れてきた。
効用は???だが体を張って挑戦中。

酢卵の効用と作り方

作り方     以下、Netの情報より転記。

りんご酢または米酢 180cc
卵 1個

酢に卵を殻ごと漬け込みます。
約1週間が経過すると卵の殻が溶けてきますので、薄皮を取り除きます。
そして、酢と卵白と黄身をよくかき混ぜれば酢卵の出来上がりです。

薄皮を箸で破り、卵黄と卵白をよくかき混ぜます。上に浮いたアクはガーゼや茶こしで漉す。
出来上がった卵酢は冷蔵庫に保存する。(一週間ほどで飲みきる)


もちろん、このままでも良いのですが、酢卵を調味料としてではなく直接飲む場合だとこの状態では決しておいしくはありません。
したがって、直接に飲む場合は蜂蜜などで味を調えると良いかも知れません。
また、野菜ジュースやフルーツジュースに酢卵を加えて飲むということも一般的に行われています。


糖尿病・高血圧に効いた酢卵
--------------------------------------------------------------------------------
根強い人気の家庭薬<酢卵>
民間療法として「酢卵(すたまご)健康法」はいつ始まったのか定かではありませんが、いまだに根強い人気があります。と言うのも、実行すれば確実に効果が現れているからでしょう。
--------------------------------------------------------------------------------
酢と卵の組み合わせが効果の秘密
酢卵は、酢と卵を組み合わせただけのものですが、この組み合わせに薬効の秘密があるのです。栄養成分をみると、天然醸造の酢と卵で作る酢卵には、クエン酸をはじめとする各種有機酸やアミノ酸やビタミンが多く含まれています。そして、なんと言っても、卵の殻に含まれるカルシウムが酢の作用によって吸収されやすい状態で、とても豊富に含まれているのです。
--------------------------------------------------------------------------------
血液をサラサラにする<酢卵>
漢方的にみても、卵は陰分(老化・あるいは働き過ぎのように体に無理をかけることによって不足してくるエネルギー)を補う力が強い食品とされ、また酢は血液の滞りを改善し、血液をサラサラにする食品です。したがって、酢卵はエネルギーを補い、血液をサラサラにする食品というわけです。
--------------------------------------------------------------------------------
成人病に効いた<酢卵>
このような特徴をもつ酢卵を飲むと、肝臓など内蔵の働きを高め、全身の新陳代謝が活発になります。その結果、糖尿病や高血圧、高コレステロールなどの成人病をはじ、様々な体の不調が改善されるのです。
糖尿病・高血圧・骨粗鬆症・便秘・精力増強などに効果があるようです。

排尿障害

H氏の排尿障害はこれか?(昭和8年生)
hainyousyougai.jpg

甘酒のつくり方

材料
白米・・・1合(約150g)
こうじ(糀・麹)・・・250g
お湯・・・約800cc

作り方
まず、こうじ(糀・麹)をよくほぐしておきます。

米1合(約150g)を普段のご飯よりも柔らかめに炊きあげます。

炊けたご飯をかきまぜてそのままあら熱を取ります(約70度位まで)。

※ポイント:必ずあら熱をよく取ってください。炊きたての状態では温度が高すぎます(60度以上が30分以上続くようですとこうじ菌(糖化酵素)が死滅してしまうため甘くなりません)。

あら熱が取れたご飯にこうじ(糀・麹)を入れて、ご飯とこうじ(糀・麹)を良く混ぜ合わせます。

約60度のお湯(約800cc)を入れます。

材料を53℃~58℃に保温するのが一工夫。今回は小型のIH調理器を使用した。炎がでないので長時間の使用には最適だ。
保温対策
大鍋にお湯をいれその中に子鍋、子鍋に甘酒の材料を入れる。
保温対策
外周をタオルで巻いて保温する。電磁調理器は「保温」に設定。温度の上がりすぎに注意、1~2時間タイマーで切れるようにする。2時間ぐらい経ったら一度かき混ぜる。

53~58度がベストです)

約12時間の保温で出来上がりです。


私の健康法

笛吹きが私の健康法でもあります。

①ストレス解消になる。
要するに笛吹きは腹式呼吸を伴います。
腹式呼吸は健康に良いそうだ。
なんと言っても楽しみながらできることが良い。
食事が美味しくなる。

②高齢者でも達成感が得られる。
はじめふけなかった曲でも練習すれば吹けるようになる。

③右脳の活性化になる。
楽譜を読むということは、反射的に体に信号を送っている。これは、右脳の範疇で普段使わない右脳の活性化に役立っている・・・と確信している。

④体の赤信号を事前(早期)にキャッチできる。
呼吸、口の形状、指に異変が起こるとたちまち吹けなくなる。
正常に吹けるということが健康のバロメーターになっている。

④フルートの愛好家は若い女性が多い。
若い女性とお付き合い出来ることが高齢者にとっては嬉しいことだ。若い人からエネルギーをもらい、また励みにもなる。

⑤音楽家は高齢でも現役で頑張っている人が多い。
その一分でもあやかりたいものである。

MRI 検査

2007/11/5 月曜日

「大西脳神経外科」 検査日
14:00 MRI 検査
16:00 診察結果 脳の結果は動脈硬化特有の血管のふくらみ等はなくきれいな血管をしています。なんら心配することはありません。と言うことだった。

速歩コース

自宅周辺コース
自宅から野の池(貯水池)まで往復2Km、貯水池一周が2Km、計4Kmコース
野の池1
ジョギングコースとして整備されて利用する人が多い。
野の池2
一周し終えるころにはすっかり日が暮れ、いつの間にか天空には上弦の月が・・・・・。
野の池3
速歩で7,800歩 


管理人室
目次
最新記事